外国の絵本

クリスマスの飛び出す絵本

The Night Before Christmas Pop-up (Classic Collectible Pop-Up) [ハードカバー]

不思議の国のアリスなどで有名な飛び出す絵本(ポップアップ絵本)作家

サブダのクリスマスの絵本です。

大人が持っていたくなる絵本だと思います。



Sabuda(サブダ)は本の世界に、「pop-upの革命」という使命をもって生まれて来た青年だ。このプラチナブロンドを短く「大工カット」にした、ファッショナブルな作家は、繊細な神経と頭脳そして指を持っている。これまで「飛び出す絵本」の大作を1年に1作のペースで制作しているが、作家の才能を大切にする環境をアメリカ出版界はまだ持っているのだろう。このアーティストには商業主義にまみれていない、清潔感が保たれている。試行錯誤の苦しみの後の「驚き」という芸術の喜びを、まずは作者自身が味わっていることが想像できる、作品だ。自分への挑戦という姿勢が清々しく、応援していきたい作家の1人だ。 『キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』 より




loveandrock at 20:09|Permalinkclip!

エリックカールのクリスマスの絵本

Dream Snow

エリックカールの美しいクリスマスの絵本です





loveandrock at 13:50|Permalinkclip!

【絵本】クリスマスのものがたり

クリスマスのものがたり(ハードカバー)

クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ?日本とスイスの絵本)

(世界傑作絵本シリーズ?日本とスイスの絵本)
フェリクス・ホフマン (著), しょうの こうきち (翻訳)

作家のフェリクス・ホフマンはスイスの画家。
この絵本は彼の遺作となったそうです。

あまり小さな子供さんだと、芸術的な画風を
少し怖く感じるかもしれません。

そういう点でも、クリスマスのいわれを
わかりやすく理解できるという点でも、
大人向けの絵本なのかもしれませんね。


loveandrock at 10:48|Permalinkclip!

ちいさなあなたへ:クリスマスプレゼントに選ばれる本

こんな本が、クリスマスプレゼントに選ばれるんだよ、

と教えていただきました♪





「あのひ、わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、

その いっぽん いっぽんに キスをした」

ではじまるこの絵本には、母であることのすべてがつまっています。

親でいることの喜び、不安、苦しみ、つらさ、寂しさ、子どもへの思い、

あたたかな絵とシンプルな言葉で語られます。



アメリカで大変話題になった本だそうです。



アリスン・マギー (著), ピーター・レイノルズ (イラスト),

なかがわ ちひろ (翻訳)



※ご購入の前に、購入者のレビュー(感想)をご覧になることを

 おすすめします。詳細とレビューはこちらから ↓ 

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)


loveandrock at 13:27|Permalinkclip!

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)



ハリポタ最終章です。
ハリー・ポッター、ついに終わってしまうんですね。。。

絵本ではありませんが児童書の代表作ですね。
また、表紙は全巻、アーティスティックな絵画です。

これだけ文字数が多いのにも関わらず、
少年少女を引きつけ続けたのはさすがです。

ゲームや漫画にしか興味がないうちの子も
ハリポタシリーズだけは小学校の頃から
読み続けました。


♪えほん。絵本。ehon♪ - livedoor Blog 共通テーマ

loveandrock at 22:55|Permalinkclip!

不思議の国のアリス、大人の楽しめる仕掛け絵本(英語版)

Alice's Adventures in Wonderland: A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll's Original Tale (New York Times Best Illustrated Books (Awards)) (ハードカバー) Robert Sabuda (著), Lewis Carroll (著), Robert Sabuda (著)

『不思議の国のアリス』原作の挿絵画家ジョン・テニール風のクラシックなイラストが見事なポップアップになった、『Alice’s Adventure in Wonderland』は、ロバート・サブダの最高傑作。ルイス・キャロルの原作に忠実なテキストを用い、ヴィクトリア朝風のぞきからくり、多面的なフォイル使い、触って楽しむ仕掛けなどの特殊効果を駆使した、何度も読みたくなる、そして読むたびに見とれてしまう作品。



先ほど、アマゾンから注文しました。
レビューでは素晴らしい本だそう。
楽しみです☆

loveandrock at 13:17|Permalinkclip!

宅急便で届く???365まいにちペンギン

ペンギンの絵本ってついつい手に取ってしまうんですよねー^^


1月1日の朝、宅急便で届いたのはなんとペンギン。こんな変わったプレゼントを贈ってくるのって、いったい誰? 次の朝も、その次の朝も毎日1羽ずつ届けられ、大晦日には365羽になり…。ユーモア・エコ本。



loveandrock at 21:35|Permalinkclip!

星の王子さま

星の王子さま

 なに、だいじなことって?
 きみは、なにもかも、ごちゃごちゃにしてるよ・・・
 まぜこぜにしてるよ!

 ぼくの知ってるある星に、赤黒って先生がいてね、
 その先生、花のにおいなんか、吸ったこともないし、
 星をながめたこともない。
 
 だあれも愛したこともなくて、
 していることといったら、寄せ算ばかりだ。

 そして日がな一日、きみみたいに、
 いそがしい、いそがしい、と口ぐせにいいながら、
 いばりくさってるんだ。
 
 そりゃ、ひとじゃなくて、キノコなんだ。
続きを読む

loveandrock at 02:13|Permalinkclip!

あなたが好き You changed my world

あなたが好き
あなたが好き
誰かを好きになって泣いてしまったことのある人なら共感できるはず。一ページ目からあ、あかん。。。2ページ目3ページ目で、胸が痛くなり、うるうるきてしまいました。絵は台湾生まれの唐唐(タンタン)。暖かみと深みと凄みを持ち合わせています。ずっと近くに置いておきたくなる大人向けの絵本です。
続きを読む

loveandrock at 18:54|Permalinkclip!

ハチドリのひとしずく  いま、私にできること

ハチドリのひとしずく
ハチドリのひとしずくいま、私にできること (単行本)
「自分一人が躍起になっても世の中は何も変わらない」みんながそう思ったらほんとうに何も変わらない。「私は私がやれることをやろう」みんながそう思ったとき世界は変わる。とても勇気をもらえる本です。挿し絵はカナダ・ハイダ民族のアーティスト、マイケル・ニコル・ヤグラナス。切り絵のようでもあり面のデザインのようでもある黒一色の独特なイラストに引き込まれます。物語は南アメリカの先住民に伝わるお話だそうです。


続きを読む

loveandrock at 18:14|Permalinkclip!

せかいでいちばんつよい国

つよい国

せかいでいちばんつよい国

 1975年に【六にんの男たち】を描いた
 デビッド マッキーの2005年の作品。
 デビッド マッキーはクスリと笑えるような
 反戦絵本を描く大好きな作家。
続きを読む

loveandrock at 00:28|Permalinkclip!

パパのカノジョは

a5b488c1.jpgクリス・モンローはアメリカのアーティスト。
雑誌やさまざまな出版物、画廊などで作品を見る事の出来る作家でもある。
本書は彼女にとって、こども向けの初めての作品。



続きを読む

loveandrock at 01:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

不思議の国のアリス〜塗り絵〜

アリス
不思議の国のアリス〜塗り絵〜

ジョン・テニエル
価格: ¥998 (税込)
出版社: サニー出版

ジョン・テニエルの細やかで
独特のタッチの挿絵を原画として、
自由に塗り絵ができる本として
発売されました。
続きを読む

loveandrock at 22:35|Permalinkclip!

魔術師キャッツ

cats.jpg
あらすじ 20世紀最大の詩人エリオットが書いた、ユーモラスなネコたち。いまでも、ミュージカル"キャッツ"の原詩として親しまれています。その中から選んだ詩を、イギリスの人気イラストレーター、ル・カインが絵本化しました。いかにも不思議、とらえどころのない、「大魔術師ミストフェリーズ」や、みんなの困る顔が見たくてしょうがない「マンゴとランプルの悪ガキコンビ」。

絵:エロール ル・カイン


遺作

シンガポール生まれで、元アニメーション作家。繊細で表情豊かなイラストレーター、エロール ル・カイン。1989年、本作を遺作として亡くなりました。

猫好きのための

「魔術師キャッツ」と「マンゴとランプルの悪ガキコンビ」は別の話で、主役の猫の顔も全く違う。猫好きは是非、見比べ、読み比べて欲しい。ちなみに、どちらの猫も小憎らしい顔をしています(笑)

魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビ ほるぷ海外秀作絵本シリーズ
絵:エロール ル・カイン 文:T.S. エリオット 訳:田村 隆一

価格: ¥1,365 (税込)
単行本: 32 p ; サイズ(cm): ヨコ26.5×タテ19
出版社: ほるぷ出版 ; ISBN: 4593502748 ; (1991/06)


loveandrock at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

せかい一わるいかいじゅう

sekaiichi.jpg
あらすじ わたしがここにいるのに、お父さんもお母さんも、おとうとのことばっかり…。こんなきもちになるのは、ヘイゼルだけではありませんね。だれもが、おもいあたることでしょう。作者のハッチンスは、かわいいかいじゅうのすがたをかりて、ちいさい子どものきもとを、みごとにあらわしています。( 訳者 乾 ゆみこ )

絵:パット ハッチンス


やっぱりこわい

顔はミドリ、牙がはえ、鼻はナスビのように大きく垂れ下がっている。かいじゅうがテーマの外国の絵本って、やっぱり絵が怖い。こんなに怖い絵で、楽しめるのか?>こどもたち。

あねのきもち

おとうとがうまれたら わたしのことを だれも かまってくれなくなった わたしのほうが わるい かいじゅうなのに・・・

「わるいかいじゅう」を「かわいいこ」「かしこいこ」に変えたら、あ〜ら不思議、○十年前のわたしの気もちになりました。あのころ、ほんとに妹が憎らしかったなぁ〜(^_^;)

せかい一わるいかいじゅう 世界のえほん絵・文:パット ハッチンス 訳:乾 侑美子
価格: ¥1,260 (税込)
大型本: 32 p ; サイズ(cm): 21
出版社: 偕成社 ; ISBN: 4032024103 ; (1990/08)


loveandrock at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

かいじゅうたちのいるところ

wildthing.jpgあらすじ いたずら好きのマックス。おかあさんにしかられて、ほうりこまれた寝室からかいじゅうたちのいるところに冒険する物語。

絵:モーリス センダック


ペンの繊細さ

この絵本を手にとって最初に感じるのが繊細さです。ペンでふちどりしたり影をつけていて、その上に薄めに色をつけているのですがこの画法は神経質な感じがしませんか?色が地味なこと、主人公の顔が可愛らしくないことも加えて、こういうクセのある絵は好みが分かれると思うのですが、たくさんのこどもに受けていることがとても不思議です(おとなに好まれるのはよくわかります)。冒険ものではエルマーシリーズが素晴らしく面白いのですが、その少し下の年齢向けの定番絵本なんでしょうね。

かいじゅうの定義

この絵本のかいじゅうは、怪獣というよりはお化けっぽいですね。日本のおばけとの区別をするため、この訳になったのでしょうか。目が黄色。髪が生えていたり人間そっくりの足を持っているものもいて気味が悪い。マックスと遊んでいるうちに、ちょっと可愛く思えてくるんだけど最後の言葉が「たべてやるから いかないで。」っていうのもこわいですねー。

1964年コルデコット賞受賞作品

日本では1975年の発行になっていますがセンダック36歳の時の作品なんですね。それに対してわたしたちもジャックもガイもみんなホームレスは96年発行の作品。長い年月が経って画風がかなり変わっています。表現の仕方が深くなっていて余裕を感じるし、当然ですが巧くなっています。比べてみると「ホームレス」のほうが私は好きです。もし図書館などで見かけることがあったら是非みくらべてみてください。ちなみに訳者は同じじんぐうてるおさんです。

かいじゅうたちのいるところ
絵・文:モーリス センダック 翻訳:じんぐう てるお
価格: ¥1,470 (税込)
40 p ; サイズ(cm): ヨコ26 x タテ24
出版社: 冨山房 ; ISBN: 4572002150 ; (1975/01)


loveandrock at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

長ぐつをはいたネコ

longb.jpgあらすじ これまた他力本願な男の物語。だけど主役はネコなんだから、まあいいじゃん?父が死んで三男に残されたのは一匹のネコだけ。このネコが頭を働かせて貧しい男を逆玉の輿させる。

絵:ジュリアーノ・ルネッリ


ちょっと怖くてエレガント
主役のネコの目はつり目で大きい。いつも口を開けて笑っている。この顔がちょっと怖い。けれども先のとがった真っ赤なブーツを履いて背筋をしゃんと伸ばしているさまは、とってもエレガント。最後までこの赤が効いている。人間の顔は間抜けなくらい可愛らしい。

ジュリアーノ・ルネッリ
1966年イタリア生まれ。広告会社のイラストレータから画家へ転身。世界中の美術館をたずねてまわるのが夢だとか。

長ぐつをはいたネコ
絵:ジュリアーノ・ルネッリ 原作:シャルル・ペロー 文:末松 氷海子
価格: ¥1,470 (税込)
大型本: 24 p ; サイズ(cm): ヨコ22×タテ29
出版社: 徳間書店 ; ISBN: 4198612625 ; (2000/10)


loveandrock at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アラジンと魔法のランプ

arajin.jpgあらすじ アラビアン・ナイトより。成金の話。アラジンは何の苦労もせず他人まかせ。簡単に大金を手にしたり、奴隷をモノのように扱ったり、美人の姫がそんなアラジン一筋だったり。あまりの能天気さに腹が立つよりあきれてしまう。

絵:エロール・ル・カイン


エロール・ル・カインの曼陀羅世界 深い茶系の落ちついたトーンが渋い。主役のアラジンの顔はさっぱり印象に残らないのに、ランプの精やら魔法使いやらの印象はやたらと強い。きっと悪い人が好きなのね。カインさん。

アラジンと魔法のランプ ほるぷ海外秀作絵本シリーズ
絵:エロール ル・カイン 再話:アンドルー・ラング 訳:中川 千尋
価格:¥1,470 (税込)
大型本 32 p ; サイズ(cm): 31×22
出版社:ほるぷ出版 ; ISBN: 4593504015 ; (2000/06)

loveandrock at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

せいめいのれきし

80b73a89.jpgあらすじ サブタイトル「地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし」。特別な物語はない。事実を淡々と描いてある。

絵:バージニア・リー・バートン


荒くいい加減なようで細かく描き込んだ絵。時間をかけて、すみずみまでじっくり眺めてほしい。左頁には太陽の誕生から現在までの流れが双六のように描いてあり、右頁は劇場になっていて、その当時の主役が描かれている。左頁が黄色とグレーのペン画、右頁が落ちついた色の絵の具というコントラストもいい。1964年発売のロングセラー。

せいめいのれきし
絵・文:バージニア・リー・バートン 訳:いしいももこ
価格:¥1,680 (税込)
76 p ; サイズ(cm): 27 x 25
出版社:岩波書店 ; ISBN: 4001105519 ; (1964/12)

loveandrock at 22:27|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!

六にんの男たち

ab6e9bf4.jpgあらすじ 6人の男が平和な土地を探している。やがて土地を見つけ金持ちになると、財産を守るために兵士を雇う。平和だった村が変わっていく。なぜ人は戦争をするんだろう?

絵:デイビッド・マッキー


他にも反戦や平和をテーマに絵本を書いているマッキー。この本は表紙以外は線画で色は黒のみ。重いテーマに重い色を使いながら、兵隊が眠っている姿は赤ん坊のようだし軍隊が訓練している姿はコントのようだ。たぶん根っこのところが楽天家で前向きな人なんだろう。こんなに面白くて軽妙な絵で反戦を訴えることのできる人に私は憧れてやまない。

デイビッド・マッキー
1935年英国生まれ。漫画家・イラストレータ・自動番組制作。ぞうのエルマーシリーズなど、数々の名作を作り続けているマッキーの70年代の本は手に入りにくくなっている。

六にんの男たち -なぜ戦争をするのか?
作:デイビッド・マッキー 訳:中村こうぞう
価格:¥1200
単行本: 37 p ; サイズ(cm): 25 x 18
出版社: 偕成社 ; ISBN: 4039610105 ; (1975/09)

loveandrock at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!